W3Cチェック

W3Cとは

W3Cとは、World Wide Web Consortiumの略。世界のホームページで利用される各種技術の標準化を推進するために設立された標準化団体、非営利団体です。
HTML、XHTML、XML、MathML、DOM等の規格であるWeb標準を勧告しています。WEB標準とは、WEBサイトをより多様な環境に対応させ、誰にでもアクセスできるようにするためのルールである。
W3Cに準拠したWEB標準のXHTML+CSSコーディングで制作されたWEBサイトは、これまでの主流であったテーブルレイアウトと違い、様々なメリットがあります。

W3C準拠コーディングのメリット

SEO(検索エンジン最適化)に効果的

検索エンジンは画面の見た目ではなく、文に効果的章の構造を見る為、WEB標準でシンプル化されたソースは検索エンジンから高評価を受けます。

データの軽量化(ページの読み込み速度の向上)

XHTML構築により、ソースコードがシンプル化することでデータの軽量化により、ブラウザでのWEBページの表示スピードが速くなります。

メンテナンス性の向上

文書構造をXHTMLでW3C準拠コーディングすることにより、デザイン面はCSSで記述することで、ホームページ更新時の作業負担が軽減できる。

アクセシビリティの向上

様々なブラウジング環境に対応したWebページが出来ます。※アクセシビリティとはあらゆる利用者に情報の閲覧がどの程度可能な状況にあるかを示すことです。

W3C準拠コーディングのメリット

W3Cの規格に準拠したHTML(XHTML)、CSSチェックテストをパスしたサイトには、「Congratulations」の文章と共にホームページに貼り付ける下記のバナーが配布されています。W3Cの基準をクリアしていないサイトの場合は、エラー項目が画面上に列挙されます。

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!

現在以下のブラウザに対して標準対応しています。

ブラウザ

必ず以下の検証サービスにてHTMLソースの文法が適切かチェックしております。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
tel.092-918-4747 10:00~18:00(土日・祝日除く)
お問い合わせ
無料お見積りのご依頼
  • ?
  • 標準
  • +
お問い合わせ
無料お見積りのご依頼
初めての方へ

ホームページ制作

ホームページ運用

ホームページ辞典

インフォメーション

営業日カレンダー

定休日
■訪問打合せ対応地域

福岡市博多区/福岡市中央区/福岡市城南区/福岡市西区/福岡市南区/福岡市東区/福岡市早良区/福岡県春日市/福岡県大野城市/福岡県筑紫野市/
その他近郊地域